「危機」と対峙する保守思想誌

表現者クライテリオン

2021年11月号10/15発売! 【特集】日本の「強さ」とは何か―亡国を救う「道」の思想

啓文社/啓文社書房

【重版!】養老孟司 著「AI支配でヒトは死ぬ。システムから外れ、自分の身体で考える」

【重版!】養老孟司 著「AI支配でヒトは死ぬ。システムから外れ、自分の身体で考える」

2021.11.03

養老孟司 著「AI支配でヒトは死ぬ。システムから外れ、自分の身体で考える」がこの度重版いたしました!!

全国書店、amazon等のオンラインショップでも販売しておりますので、是非この機会に手に取ってみてください。

改めて本の紹介をいたします。以下内容です。

【著者】養老孟司(聞き手:浜崎洋介)
【出版社】ビジネス社

 

内容紹介

 

仮想現実、グローバリズム、同一化の圧力・・・・・・
「令和の常識」は、おかしなことだらけ。
流行に背を向け、地に足をつけて生きる自足のススメ!

システム化の進んだ現代社会では、「脳」ばかりを肥大化させようとしてきました。

するとどうなるか?

ヒトとしての調子が狂ってきます。
ジレンマを抱えたヒトは最悪の場合、自らモノを考え、動くことを放棄して、死んだも同然の状況になってしまいます。

(本文より要約抜粋)

目次・詳細をみる

 

是非ご購入ください!!

CATEGORY :