「危機」と対峙する保守思想誌

表現者クライテリオン

2019年3月号【平成デフレーション】発売中

啓文社/啓文社書房

シャープ再建 鴻海流スピード経営と 日本型リーダーシップ

シャープ再建 鴻海流スピード経営と 日本型リーダーシップ

2019.04.02

激変するアジアの「ものづくりネットワーク」

日本企業は、どのように生き延び、そして発展していくのか?

周知の通り「シャープ」は、債務超過に陥り、台湾の鴻海精密工業の傘下となった。液晶の勝ち組であったシャープが、巨大構想により液晶の堺工場を建設したことをきっかけとして一気に債務超過にまで至ってしまったのだ。
日本の大手電機メーカーが、外資系企業に買収されるのはこれが初めてのことであった。
それから2年の時を経て、鴻海の傘下でシャープは驚異の復活を遂げた。なぜ鴻海の傘下でシャープは復活することができたのか――。
これが、この本の主題である。


CATEGORY :