「危機」と対峙する保守思想誌

表現者クライテリオン

2019年7月号【日本外交の大転換】発売中

啓文社/啓文社書房

日中新冷戦構造 (イースト新書)

日中新冷戦構造 (イースト新書)

2013.06.03

【著 者】石 平
【出版社】イースト・プレス

習近平vs安倍新政権の誕生によって、日中関係は新たな冷戦局面に突入した。尖閣問題をはじめ、日本に対して強硬姿勢をとり続ける習近平政権の背景には、海洋覇権戦略はもとより、中国共産党内部の権力闘争、各層に不満が渦巻く中国国内情勢がある。「民族の復興」の名のもとに膨張を続ける中国に日本は対峙すればよいのか――。気鋭のチャイナウォッチャーである著者が、グローバルな視点から現代中国の実態を鋭く分析。政治・経済・外交・安全保障・環境問題の観点から多角的に読み解く、日中新冷戦時代論。

はじめに
第一章 日中新冷戦構造の時代
第二章 「日中友好」幻想の終焉
第三章 北朝鮮化する中国
第四章 中国共産党内の権力構造
第五章 経済成長の終焉と中国の今後
第六章 膨張する「中華帝国」にどう立ち向かうか

内容(「BOOK」データベースより)
習近平vs安倍晋三新政権の誕生によって、日中関係は新たな冷戦局面に突入した。尖閣問題をはじめ、日本に対して強硬姿勢をとり続ける習近平政権の背景には、海洋覇権戦略はもとより、中国共産党内部の権力闘争、各層に不満が渦巻く中国国内情勢がある。「民族の復興」の名のもとに膨張を続ける中国に、日本はどう対峙すればよいのか。気鋭のチャイナウォッチャーである著者が、グローバルな視点から現代中国の実態を鋭く分析。政治・経済・外交・安全保障・環境問題の観点から多角的に読み解く、現代中国論。

CATEGORY :